• UPDATE

ポケットに入る超望遠レンズ「Sony HX99」

外部ページURL

ポケットに入る焦点距離720mmの衝撃

超小型・超望遠

このサイトで掲載されている写真は主にSONYのHX99RX100M5で撮影されています。

まれに一眼(Z6)で撮ることもありますが、本体もレンズも巨大化し、それに伴って巨大な三脚も必要となります。

その点、HX99は軽量(242g)、小型(102.0 x 58.1 x 35.5mm)で簡単にポケットに入れて持ち歩くことができます。

それでいて、焦点距離は24mm-720mm

フルサイズの一眼レフカメラで720mmの超望遠の対象を撮ろうとすると、バズーカみたいなレンズが必要となります。

そんなものは普段から持ち歩けないですよね!

当然、センサーサイズは1/2.3インチなので、高感度耐性や画質やボケについては割り切らざるを得ないところもあります。

が、突然、鳥を撮りたくなったり、遠方のものを撮りたくなったりすることがあります。

そういう時に、望遠レンズの代わりにこのカメラを持ち歩いていると大変、有用だったりします。

静止画で言えばRAWでの撮影が可能なので、ある程度まではあとから調整できたりします。

HX99の外観について

RX100シリーズとの見た目上の一番の違いはグリップの有無だと思います。

RX100シリーズも小型ですが、グリップ部分は平らです。

あとからシールなどでグリップを取り付けることはできますが、何となくシールで張り付けるのって嫌ですよね。

はがすときに汚れとか跡が残ったりしそうなので…

RX100シリーズのスタイリッシュなデザインや携帯性を考えると良し悪しかもしれませんが。

あとは、zeissのロゴがあるかも見た目上大きいかもしれません。(HX99はなし)

両方ともVario‐Sonner搭載ということになっていますが、HX99はあくまで廉価版の機種の位置づけなのかもしれません。

私は実用性を重視して使っているので気になりませんが、気になる人は気になるポイントかもしれませんね!

一番私が気になっているポイントは三脚穴がプラスチック製であることです。

動画メインで超望遠の焦点距離を使いたい場合、必ず三脚が必要になります。

機動性重視でこのカメラを選択している面もあるので、三脚の脱着は頻繁にやります。

最近の悩みはねじ穴がつぶれてきてしまったこと。

下位機種とはいえ、定価で5万円を超えるカメラなのでこういうところでコストダウンはしてほしくなかったですね!

とはいえEVF搭載は便利!

同じ1/2.3インチセンサー搭載の高倍率コンデジにWX500という機種があります。

この機種とHX99の一番の違いの有無はEVF搭載の有無です。

ファインダーの搭載により、燦燦と太陽光が降り注ぐ状況下でも、難なく写真を撮ることに集中することができます。

意外とこのクラスのカメラにEVFが搭載されてることって少ないんですよねー。

RX100M5に搭載されているEVFは「0.39型 電子式ビューファインダー 2,359,296ドット」

HX99に搭載されているEVFは「0.2型 電子式ビューファインダー(OLED)、638,400ドット」

精細さや大きさには少し欠けるものの十分実用に足りるものだと思っています。

なにより、ファインダーの有無は写欲に大きく影響しますからね!

HX99で撮った作例について

望遠レンズで最初に撮りたくなるのは、圧縮効果を活かした写真ですよね。

浅草で撮影してみました。

圧縮効果もあって密が良く表現できますね!

720mmだと太陽はこのくらいの大きさに移ります。

さすがに小型レンズにとんでもない倍率をつんでるので、ゴーストとかフレアとか言ってる場合ではないですね(笑)

次は上高地で撮影してみました

全て720mm相当です。当然人間が立ち入れないところも切り取ることができます。

小型レンズの割には頑張っているといった描写でしょうか。

raw現像で画質をどこまでごまかせるかはやってみたいですね。

光が当たっていればそこそこの描写をするのですが、感度を上げてしまうと塗り絵っぽい画像になります。

特に一番下の写真は水彩画っぽくなってしまいました。

手振れもあるのかな?

このカメラを望遠端で使うには晴れていることが必須のようですね。

それでもやはり超望遠の世界を手軽に体験できる選択肢の一つとしては、十分だと思います。

 

 

 

URL
Translate »